Live more like yourself
さらに自分らしく生きる


自分らしく生きていても、仕事が立てこんだり、仕事や人生の方向性が見えなくなったときに、自分のエネルギーをリセット、本来の自分に還るために、マウントシャスタへ行きます。


「会社は、社長の器以上にはならない。」
創業時から私の中にはこの言葉があり、「では、どうしたら器は大きくなるのだろう?」と、ビジネス書を読みあさり、いつの間にやらスピリチュアルなマインドの中にいて、たどり着いたのがマウントシャスタであり、2011年から年間4~8回くらい通っています。


マウントシャスタは富士山よりも高い標高4,321.8m、マウントシャスタシティーと周辺は標高1,000m前後。

この標高1,000前後というのは、胎内に居る時と同じくらいの気圧だそうで、人間が一番自分らしく居られる環境なのだそうです。

そのため住んでいるだけで本来の自分に還る=意識変容すると言われています。(ちなみに日本では八ヶ岳が同じくらいの標高です。)



マウントシャスタに行くだけで、自分らしさを取り戻す、本来の自分に還る。


また具体的に私の場合は、次のような時です。

・悩みや心配事が一気に吹き吹き飛ぶ。

・行き詰ったことがある場合、突破口が見えてくる。

スタックしている物事が動く。

・人生やビジネスにおいて、次のフェーズへ進む。
・新しいアイデアや企画案がひらめく。

・人生におけるVisionがさらに見えてきます。

 

​特に目的なくマウントシャスタへ行く時は、
地球のエネルギーが大きく替わる 春分、夏至、秋分、冬至 または、満月や新月に合わせて行くことが多いです。

こういう時は、宇宙からのエネルギーがたくさん降り注いでいるので、意識が切り替わるターニングになったり、また大事なメッセージを頂いたりすることができるからです。


 

​夏の山が開いているときにしか行かれないSouth Gate Trail